YouTubeは企業アピールに最適?

SNSの中でも、利用者が多いことで有名なのがYouTubeです。昔は、家のパソコンでYouTubeにアクセスすることが多かったのですがスマートフォンの普及によりパソコン以外でもいつでも気軽に見られるようになったため、利用者が増加したのだと考えられています。スマートフォンであれば、外での移動中や隙間時間に視聴することが気軽にできます。また文字で読むタイプのSNSよりも、動画で見るタイプのSNSの方がわかりやすく感じる人も多く、視聴者が増えているのでしょう。

ある目的にもとづいて様々な分析手法を駆使しながらデータに潜む相関関係を明らかにすることを、アナリティクスと言います。YouTubeでもユーザーはこのアナリティクスを行う機能を活用することができます。これにより、どのような投稿が人気なのか、よくアクセスされている時間は何時頃なのか、視聴者の関心やニーズはどのような部分にあるのかなどを調べることが可能になっています。アクセス数を増やすために、放送する時間を変えるなどの改善を行うなどの工夫ができるのです。

特に企業が商品や会社のPRを行う場合には、YouTubeを使用し、さらにアナリティクスを活用することでうまくアピールすることができるでしょう。動画を上げ続ける場合、都度アナリティクスを行うことで、質の改善を行うことができますし、視聴者の増加にもつなげることができます。

YouTubeを使ったビジネスの起業も増えています。YouTubeには広告が入るので、閲覧数が増えると広告料が入ります。それによって稼ぎを得ているのがユーチューバーと呼ばれる人々です。また商品を紹介、PRを行うことで企業からお金などを得ているユーチューバーなどもいます。昔はYouTubeといえば、ミュージックビデオや自分の好きな番組を見るために視聴されることが多かったのですが、今はユーチューバーが商品を紹介したり、様々なチャレンジをしたりするような動画が人気で多くの人に見られています。以前よりもネット環境が整ったため現在では大人だけではなく子供などの若い層も積極的にYouTubeを視聴しており、簡単に動画を作れるようになったため自分で動画を投稿している人もいます。動画のニーズも日々変わってきており、いろんな種類の動画が普及してきているのです。これからも、YouTubeを使ったビジネスの起業はどんどん増えていくことでしょう。